ハゲチェックサイト~あなたはAGAですか?~

AGA治療薬でのジェネリック医薬品

ジェネリック医薬品とは

お薬は「医療用医薬品」と「一般用医薬品」の2つに分けられ、医療用医薬品は、病院やクリニックなどで医師の診断によって処方されるお薬のことを言います。

もちろん患者さんが自由に購入することはできません。

これに対し一般用医薬品は、いわゆる市販薬のことで、ドラッグストア・薬局などで処方せん無しで購入できるおくすりです。

さらに、医療用医薬品は新薬(先発医薬品)とジェネリック医薬品(後発医薬品)に分けられます。

新薬は、何十年もの期間と、何百億円以上という膨大な費用をかけて開発されるので、開発した製薬会社は、特許を出願することで、日本では20年間開発したお薬を独占的に製造・販売する権利が与えられます。

しかし、この特許期間が過ぎると、他の製薬会社から同じ有効成分を使ったお薬が製造・販売できるようになります。

これが、ジェネリック医薬品となります。新薬に比べ開発費や開発期間が少ないために、新薬より低価格で販売することができることで患者さんの金銭的負担を軽減することができます。

国も医療費の削減ができるためジェネリック医薬品を推奨していますが、まだまだ日本での需要は小さく、先進国であるアメリカやイギリスでは80%以上のシェアがありますが、日本では50%未満となっております。

ジェネリック大国インド

ジェネリック医薬品の販売には新薬の特許が切れてからということを書きましたが、インドはちょっと特許が違うようです。

通常、特許は「成分特許」と「製造特許」などがあるため、独占販売できる期間が設けられるのですが、インドの場合、「成分特許」を認めていないため、違う製造方法ならば同じ成分を使用して製造・販売することができるのです。

これは世界、日本と特許制度が違うということになります。

それは、インドは人口が多く、新薬を安価で必要としている人が非常に多いという背景があるため、インド政府は独自の特許制度を運用し、インド国内の製薬会社が開発費用をかけずに新薬のジェネリック薬を製造販売できるようにしています。

そのためインド製のジェネリック薬が多いのです。

ちなみに、ジェネリック品の特徴である効果はそのまま、価格は安いということで、貧困が問題となっている発展途上国にも多く出回っています。

AGA治療薬のジェネリック医薬品

フィナステリド錠1mg「ファイザー」

製品名:フィナステリド錠1mg「ファイザー」

メーカー:ファイザー社

有効成分:フィナステリド1mg

特徴:丸く薄い赤色

フィナステリド1mg「サワイ」

製品名:フィナステリド1mg「サワイ」

メーカー:沢井製薬

有効成分:フナステリド1mg

特徴:丸く薄い赤色

フィンペシア

製品名:フィンペシア

メーカー:シプラ社

有効成分:フィナステリド1mg

特徴:インド第2位の製薬会社の人気のジェネリックです。

フィナロ

製品名:フィナロ

メーカー:インタス社

有効成分:フィナステリド1mg

特徴:アストラゼネカ社と契約するインドの製薬会社で製造されています。

デュタス0.5㎎

製品名:デュタス0.5㎎

メーカー:ドクターレディース社

有効成分:デュタステリド0.5mg

特徴:インドの製薬会社

↑ PAGE TOP