髪の毛は遺伝ではげるのか!?

遺伝でハゲるかどうかの議論は昔からよく行われてきました。

「お前の父ちゃんハゲてるからオマエもそろそろだな」

「おじいちゃんハゲているから隔世遺伝するよ」

など、髪の毛フサフサのときから将来を不安視してしまうこの風説。

実際に遺伝するかどうか情報を集めてみました。

母親の遺伝子が関係する!?

2005年にフランスのボン大学の研究チームが、薄毛と遺伝に関して革新的な発見したと、米雑誌アメリカン・ジャーナル・オブ・ヒューマン・ジェネティクス(American Journal of Human Genetics)が発表しました。

記事の内容は、ハゲる人の染色体を調べたところ、”X染色体にある男性ホルモン(アンドロゲン)の受容体・遺伝子に変異がみられる”という内容でした。

つまり、「薄毛になる人はX染色体にあるアンドロゲン受容体が薄毛にならない人と違い、この違いが薄毛になる遺伝子ではないか」ということです。

人の染色体は「X」と「Y」があり、男性の染色体は「XY」、女性の染色体は「XX」となります。

子供が生まれると両親の染色体をそれぞれ引き継ぐため、子供が男の子ならお父さんの「Y」とお母さんの「X」を引き継ぎ「XY]となり女の子ならお父さんの「X」とお母さんの「X」を引き継ぎ「XX」となります。

ということは、男性のX染色体はすべて母親から受け継ぎますので、今回の「薄毛の人のX染色体の違い」とは全て母親から受け継がれたものとなります。

ハゲ遺伝子アンドロゲン受容体は母親から受け継がれたものとなります。

母親の系統でハゲがいたら終わり!?

ハゲ遺伝子が母親から遺伝することがわかりました。

ということは、母親の系統でハゲがいたらご臨終ですか?ということになりますが、そんなことはありません。

ハゲ遺伝子アンドロゲン受容体の働きは、体内で分泌された男性ホルモンを受け取り、細胞分裂に活用されるように変換させます。

しかしこのアンドロゲン受容体ですが、人によって作用する強さの差があります。

同じ量のご飯を食べているのに太りやすい人と太らない人がいるように、アンドロゲン受容体もハゲ遺伝子として強く働くか弱く働くか個人差があるようです。

もし、あなたのアンドロゲン受容体の働きが悪ければ遺伝での影響は少なるなるということになります。

ちなみにアンドロゲン受容体の働きですが、病院やクリニックで検査することもできますので心配な方は検査をしてみましょう。

↑ PAGE TOP