男性ホルモンはハゲのもと!?

男性と女性と比べてどちらが薄毛の人が多いかといったら・・・もちろん男性のほうが多いです。

それは男性ホルモンが影響しているからです。

男性ホルモンの成分はいくつかあり、すべてが影響をあたえているわけではなく、ある男性ホルモンが髪の毛に悪影響を与えるのです。

それはDHT(ジヒドロテストステロン)という男性ホルモンです。

DHTの働きですが、まず幼少期と成人男性では働きが違います。

幼少期では男性への体つくりとして男性器の成長など必要不可欠なホルモンとなります。

思春期などでみられるニキビや体毛を濃くするのもDHTのはたらきです。

しかし、成人になると体の成長は止まることで違う働きが出てきます。

それが脱毛です。DHTの働きが髪の毛の成長サイクルを乱し、薄毛、脱毛に陥ってしまうのです。

AGAの原因はDHTだった!!

男性ホルモンの一種であるDHTは薄毛の原因だとわかりました。

ではこのDHTの働きを見てみましょう。

男性ホルモンには「テストステロン」と呼ばれる物質があります。

このテストステロンですが男性ホルモンのほとんどを占めているとても重要な物質です。

テストステロンの働きは男性らしい体つくりをするもので、性欲旺盛・筋肉増大・毛を太くするなどに作用します。

しかし、このテストステロンがある物質と結びつくとDHTになってしまうのです。

それが「5aリダクターゼ酵素Ⅱ型」と呼ばれる物質です。

5aリダクターゼ酵素にはⅠ型とⅡ型があり、Ⅰ型は主に皮脂腺にあり体中に存在しますが、Ⅱ型は主に毛乳頭に存在していて、前立腺、生え際、頭頂部に存在しているのです。

つまり、生え際や頭頂部に存在する「5aリダクターゼ酵素Ⅱ型」と結びついたテストステロンがDHTと変化してしまうことになるのです。

そして、このDHTの働きを左右するのがハゲ遺伝子である「アンドロゲン受容体」です。

遺伝のページでも書きましたが、アンドロゲン受容体は男性ホルモンを細胞分裂に活用させる働きがあります。

DHTという髪の毛の成長を止める物質をアンドロゲン受容体が受け取ることで細胞分裂がストップし成長サイクルが乱れ薄毛となるのです。

これがAGAの原因です。

まとめ

・男性ホルモンのひとつであるDHTがハゲるもとである。

・DHTの働きは、幼少期は男性器の成長、成人では薄毛に作用する。

・DHTはテストステロンと5aリダクターゼ酵素Ⅱ型が結びつくことで生成される。

・生成されたDHTはハゲ遺伝子であるアンドロゲン受容体と結びつくことで、髪の毛の成長サイクルがストップしてしまう。

↑ PAGE TOP