病院やクリニックで処方してもらう

プロペシアは日本で認可されているお薬ですが、処方箋医薬品のため、ドラッグストアや薬局で手軽に購入することができません。

購入にはクリニックや病院で処方してもらうことになります。病院で購入するメリットは安全性です。

医師に相談し処方されるのでとても安心に安全にプロペシアを購入することができます。

デメリットは、健康保険適用外にあたるため自由診療となります。

そのため、処方箋代、診察代はすべて実費となります。

自由診療のため病院価格が決めることができるため、病院によって金額がかなり変わってきます。

それは処方箋薬局で購入する場合も薬局により金額は変わります。

また専門の病院が自宅近くにないときは病院までの交通費もかかります。

病院で処方してもらうにはお薬の処方箋代+診察代+交通費と考えておきましょう。

プロペシアの病院で購入する場合の平均価格は1か月分の処方で、およそ1万円(処方箋代+診察代+交通費)くらいです。

個人輸入サイトで購入する

プロペシアは個人輸入サイトでも購入することができます。

インターネットが普及し、お薬だけでなく、さまざまな製品を自宅から購入できる時代ですので、メリットのひとつは手軽に購入できます。

自宅から出ずにパソコンのボタンひとつで購入できるためとても手軽に購入できます。

海外サイトから購入することもできますが、海外サイトの場合、その国の言語を理解することが必要です。

また、日本とは違う商慣習ですので思わぬ出費になることも考えられます。

偽物を販売されることもありますので注意が必要です。

となると個人輸入代理サイトから購入となります。

すべて日本語表記ですし、商慣習も日本と同じです。

そのためわかりやすく購入することができるでしょう。

プロペシア以外にもED治療薬やダイエット薬など多数取り揃えているサイトもあります。

ただ、これらの業者はあくまで製品を販売しているわけではなく、製品の輸入を仲介する代行業者であります。

そのため製品に関してのトラブルやなどは一切関与しませんし、問い合わせも受けられないことが多いので自己責任のもと購入しましょう。

プロペシアの価格はおよそ1か月分で6,000円ほどですので病院より安く購入できる点もメリットになります。

どちらで購入する?

病院で購入するか個人輸入サイトで購入するかそれぞれ一長一短あり悩みどころです。

どちらかで悩むよりも両方を併用し活用することも考えてみてはどうでしょうか?やはり医師が診断してくれる病院は安心できますね。

ただ、長期的に服用するAGA治療薬ではランニングコストが気になるところ。

安いサイトでの購入は魅力的。定期的な診断を心がけ、サイトで購入しつつ病院へ結果報告することも良い方法だと思います。

↑ PAGE TOP