生活習慣の乱れはヘアサイクルの乱れ!

生活習慣が乱れることでヘアサイクルが乱れ抜け毛・薄毛になる方は非常に多いです。

しかし、肉体的に疲れたと感じたり、ストレスを感じたりと体がSOSを出すまでは、なかなか今の生活を変えられないものです。

「最近抜け毛が多くなってきた気が・・・」「仕事を初めてから紙が薄くなってきたかも・・・」なども体がSOSを出していることですので不規則な生活習慣は改善していきましょう!

睡眠不足は髪の毛の成長を妨げます。

日頃から夜更かしをしている方や睡眠時間がバラバラで寝る時間帯もバラバラの方は要注意です。

髪の毛は毛根にある「毛母細胞」で細胞分裂を行うことで成長していきます。

髪の毛だけでなく体を代謝させることも、細胞分裂を行うことで新しい細胞ができ体は健康を保ちます。

この細胞分裂を行うには成長ホルモンの分泌が必要で、この成長ホルモンが睡眠中に一番分泌されるのです。

成長ホルモンは脳の下垂体前葉より分泌され、体の成長・代謝を促します。体が成長する未成年時に多く分泌され、成人すると分泌量が減り、主に体の代謝に使われます。

睡眠時に多く分泌されるため、怪我をしたときなども睡眠時が一番治癒されます。

これは髪の毛や肌も一緒で、寝不足時に肌荒れを起こすのも成長ホルモンの分泌不足が考えられます。

このように、寝不足になると体の代謝を促す成長ホルモンの分泌量が不足し髪の毛が成長するための細胞分裂が活発に行われなくなり発毛が抑制されてしまいます。

髪の毛が成長できない=成長しなくてよいと思ってしまうと成長期が終わってしまい早めの退行期に向かう「ヘアサイクルの乱れ」となります。

寝不足は交感神経と副交感神経にも影響を与えますので、ストレス感じることで髪の毛の成長が阻害されることになります。

食生活も注意しよう

食生活も髪の毛の成長に大きく影響します。

バランスの悪い食事は髪の毛に満足な栄養が行き渡らないことになります。

バランスの良い食事を心がけ髪の毛に栄養を与えましょう。

髪の毛の主成分はタンパク質です。

卵や魚、鶏などのタンパク質をしっかりと取り、タンパク質の吸収に必要な亜鉛やビタミンが豊富な野菜、魚介類もバランスよく摂取しましょう。

できるだけ脂肪の多い食事は控えましょう。

体に蓄積された脂肪は汗などと一緒に排出されます。

頭皮は体の中で汗を分泌する汗腺が最も多い汗の掻きやすい場所です。

皮脂が多く分泌されることで毛穴を詰まらせることで毛根が収縮してしまい抜けやすい髪の毛になってしまいます。

↑ PAGE TOP