発売されたばかりのザガーロ

ザガーロとはデュタステリドを有効成分とするイギリスに本社を置GSK社が2015年9月に男性型脱毛症(AGA)治療薬として厚労省から製造販売承認を取得した医薬品です。

発売日は2016年6月で発売されたばかりの新しいお薬です。

韓国では日本より早く、2009年にAGA治療薬として認可を受け「アボダート」という商品名で発売されています。

日本での発売は韓国に次いで世界で2番目となっています。

しかし、このザガーロ、もともとは前立腺肥大の治療薬として世界約90カ国、約300万人に使用されている薬で、日本では「アボルブavolve」、アメリカでは「アボダートavodart」などという名称で知られています。

ザガーロの有効成分デュタステリド

ザガーロの有効成分は「デュタステリド」。

プロペシアの有効成分のフィナステリドと同じく5aリダクターゼ酵素を阻害することは同じですが、フィナステリドはⅡ型のみに有効に対し、デュタステリドはⅠ型・Ⅱ型両方に作用し阻害させます。

つまりザガーロはプロペシアよりも強力なAGA治療薬といえるのです。

実際、治験結果を比較してみると、プロペシアに比べてザガーロのほうが1.6倍の発毛効果があることがわかっています。

クスリはリスク!?副作用に注意

ザプロペシアの強化版であるザガーロ、発毛効果が1.6倍もあることで今注目となっております。

ただし、薬の効果が強くなるということは副作用も強くなるということです。

実際、1年間服用による副作用の治験結果では、勃起不全が5%、性欲減退が5.8%とあり、プロペシアのそれぞれ1.1%、0.7%に比べ高い数値となっております。

ザガーロ服用の注意点はほぼ同じですが、併用注意薬があることと、献血の禁止期間が半年がプロペシアと違っております。

ザガーロを初めてのAGA治療薬とするよりは、まずプロペシアで効果を確認してみて、あまりにも効果があらわれない場合、ザガーロを服用してみることが副作用の観点から良いのではないでしょうか。

↑ PAGE TOP